術前は恐かったけど麻酔が効き、目覚めた時にはエラ削りが終わり

ダウンタイムが大変でしたが結果に満足したエラ削り


術後のダウンタイムが大変だったけど


手術にかかった時間は、およそ2時間くらいだったのではないでしょうか。麻酔の効果がなくなると激しい痛みが起こったので、痛みが強いと相談をすると鎮痛薬を処方してもらい、鎮痛薬を服用すると痛みは治まりました。術後は特に大きく腫れるので、呼吸困難になることもあると言われていたのですが、私はそこまで腫れは強くありませんでした。入院中は流動食だったのですが、痛みとしびれで食欲も起こらず、体のためにとわずか量を食べただけでした。入院をしている3日間は食べることだけでなく、ゆっくり眠ることもできず、とても苦しかったです。それから退院してもしばらくは食事を摂ることができず、術後1週間でかなり痩せました。強い痛みは2週間くらい続いたのですが、その後は耐えられないほどの痛みが起こることはありませんでした。目立つ腫れは3ヶ月くらい続きました。私は仕事を辞めて手術を受けたので、良かったのですが、仕事をしながらでは難しいのではないかと思います。ダウンタイムが思っていた以上に大変でしたが、あれだけ気になっていたエラは目立たなくなり、顔がスッキリなったので手術を受けて良かったと思っています。


ネットで調べて顎の整形でカウンセリング 術後のダウンタイムが大変だったけど top